止まり木のような存在 colon



入らずにはいられない、可愛らしい外観。

外から中の様子はあまり見えない。

恐る恐る入ってみると店主の優しい声に迎えられ、声のする方を覗くと、可愛らしい雑貨が並んでいた。

ここは、別府にある雑貨&カフェcolon。店主によってセレクトされた普段使いの雑貨と、手作りのおやつやドリンクが頂けるお店だ。

雑貨屋

入って左手の部屋がカフェ、右手の部屋が雑貨屋さんと少し変わったつくりのお店は、以前は事務所として使われていた建物らしい。表の可愛らしい白塗りの外観も以前からだという。

好きが高じて始めたというこのお店。

「海外に行くのが好きで、素敵なものたちに目が止まる。そんなものたちに囲まれたい」

そんな彼女の心をストレートに感じられる。

大野店主の大野幸美さん

私は、colonを贈り物探しに最適な場所だと思っている。

可愛らしい雑貨でありながら、機能性や実用性など普段の生活に溶け込むようなものばかり。

「もらったけど、これどうしよう」

もらった人を、そんな気持ちにはさせないcolonのセレクトなのだ。

人って必ず何かモノに囲まれて生活してますよね。

気に入ったモノはついつい視線が行ってしまうものですし、見ていると気分も楽しくなる。

好きなモノに囲まれて、生活がちょっと”うきっ♪”と楽しいものになるといいな、そんな幸せな生活のお手伝いが出来たらな、という目線で商品セレクトしています。

また、以前ある方が”止まり木のような店だね”と言って下さって、それがとても嬉しかったんです。

普段それぞれの場所で頑張っている人がふと羽を休めに来る場所。お買い物やお喋りで英気を養って帰る場所。

お店自体としては、一人でも多くの方にそろそろ行きたいなと思ってもらえるような、止まり木のような存在になれるといいなと思って営業しています。

カフェ

大野さんのいう通り、ここにはふと立ち寄りたくなる。

「ちょっと一息、冷たいジュースでも飲んでいこうかな。おやつで小腹を満たすのもいいな」

そんなことを思いながら。

そして、このおやつ。手作りでとっても美味しい!

このケーキやアイスなどは、子どものおやつとして作られていたそうで、デザートというおしゃれな呼び方ではなく”おやつ”と呼ばれているようだ。

おやつ手作りのおやつ
文章/ 重冨 弘太郎 (TAHITO) 写真/ 小田 雄大 (TAHITO)
    colon
    福岡市城南区別府5-10-15
    Googlemap
    営業時間 : 月-木 10:00-17:00、金・土 10:00-18:00
    定休日 : 日曜日
Hirotaro Shigetomi
Hirotaro Shigetomi
Writer

1年間のフランス交換留学から帰国後、海外にある日本人宿の口コミサイト「日宿.com」運営。TAHITOで運営する金曜ボードゲームバーJeuxBar店主。 趣味は海外旅行。

関連スポット

02
街のぷりん屋さん ひだまりのぷりん
July 23, 2016
NOYU01
自然に「美味しい」とこぼれでる NOYU
July 07, 2016
002
時代を無視した良いモノを。EARLY BIRD
June 27, 2016
popperlamd1
ないものをつくること、を追求する。 Popper Land
June 08, 2016
jam06
永遠に生き続ける花 flower jam
June 01, 2016
PAYAN01
古き良き空間 PAYANPAYAN&Dii
May 28, 2016
nao03
日本初のこんぺいとうカフェ NAOカフェ
May 14, 2016
plase.store02
文房具のある暮らし PLASE.STORE
May 10, 2016
BLUEROOF02
糸島の青空の下で Blue Roof
May 02, 2016