街のぷりん屋さん ひだまりのぷりん



自転車に乗った学生が颯爽と走っていく。

1、2台ではない。

私は、なめらかな舌触りを感じながらその様子を眺めていた。

この通りの先は九州大学だ。

ひだまりのぷりん

プリンを嫌いな人なんて聞いたことがない。

もちろん私もプリンが好きである。

家族の影響も少なからずあるのだろうか。父はしばしば自分のためにシュークリームやプリンを買ってくる。
私も、美味しそうなプリンを見つけるとつい手がのびる。

ひだまりのぷりんも例外ではなく、たまたま見つけたそのお店に誘われた。

テーブルが3卓並ぶこじんまりとした空間。

ここのプリンは常時20種類ほど準備しているというが、この時は数種類しかなかった。

人気の証しだろう。

私がプリンをいただいている間にも、プリンをまとめ買いしている人がいた。

sans社会福祉士の新留さんに、丁寧にお店の紹介をしていただきました

このひだまりのぷりんを運営しているのは、NPO法人さんえす 箱崎翔店。

障がい福祉サービスを提供するNPO法人だ。

共同代表の鈴木さんは、イタリア料理店勤務の経験を生かしこのプリンを開発したという。

プリンのような生菓子をNPO法人で扱うのは難しく、他にやっているところはなかったのだが、だからこそ挑戦した。

非常になめらかなひだまりのぷりん。

「美味しいのは絶対! なおかつ安全で美味しいものを」

20種類以上にのぼる商品は、飽きられることがないようにとみんなで考えられたそうだ。

現在も商品は増え、ティラミスぷりんやクランベリーぷりんが人気のようだ。

cafe隣の工房でプリンは作られている
Tonari陶製雑貨 工房tonari

この事業所では、家をモチーフにした焼き物も作られている。

一つひとつ手作りされたその家は、それぞれ違った顔を持ち、私が手に取るのを待っているようである。

「どこに置いてあげようか?」

そんな会話を心の中でしながら見つめ、

「20種類以上ある他のプリンも食べてみないといけない。また来よう」

そう心に決めて、私は卓上のコーヒーを飲み干した。

実は、このコーヒーもオリジナルブレンドだったということを、私は後日教わることとなる。

文章/ 重冨 弘太郎 (TAHITO) 写真/ 小田 雄大 (TAHITO)
    ひだまりのぷりんCAFE
    福岡市東区箱崎3-10-2
    Googlemap
    営業時間 : 10:00-19:00
    定休日 : 水曜、祝日
    Tel : 092-643-6420
Hirotaro Shigetomi
Hirotaro Shigetomi
Writer

1年間のフランス交換留学から帰国後、海外にある日本人宿の口コミサイト「日宿.com」運営。TAHITOで運営する金曜ボードゲームバーJeuxBar店主。 趣味は海外旅行。

関連スポット

colon03
止まり木のような存在 colon
July 14, 2016
NOYU01
自然に「美味しい」とこぼれでる NOYU
July 07, 2016
PAYAN01
古き良き空間 PAYANPAYAN&Dii
May 28, 2016
wabi06
作り手の想いを届ける場所 ギャラリーわび
May 20, 2016
nao03
日本初のこんぺいとうカフェ NAOカフェ
May 14, 2016
BLUEROOF02
糸島の青空の下で Blue Roof
May 02, 2016
petani06
生産者の想いに応える ペタニコーヒー
March 06, 2016
stratupcafe01
起業できる本屋 スタートアップカフェ
February 07, 2016
mataichi06
美味しいものを。 工房とったん
January 31, 2016