積もり重なった時間の手触り 九州大学箱崎キャンパス



日常にひそむ風景の美しさ

学び舎として通っていた頃は、あまり統一感のない古い建物群を、単なる風景として横目に見るだけだった。

大学を出た後に、ここがあるから箱崎に越してきたという方と一緒にキャンパスを歩く機会があり、佇む建物の魅力に心を奪われた。

hakozakicamps06

例えば、煉瓦造りの旧工学部本館の最上階には、真ん中に伸びる階段とそれを囲む回廊のある、少し不思議なつくりをした部屋がある。

部屋の入り口には「展望室」という古いプレート。

建てられた当時、周辺で一番高かったというこの建物に、名前の通り「展望する」ためだけにしつらえられたらしい空間からは、どんな風景が見渡せただろうか。

hakozakicamp10

hakocamp8

そのほかにも、旧船舶海洋工学実験室、旧変電室倉庫、旧ゲッチンゲン風洞実験室、旧道路工学実験室、旧知能機械工場第一分館倉庫、六角堂……。

愛らしくて少し風変わりな建物のディテールや逸話を挙げるときりがない。

剥き出しの配管や、塗り重ねられたペンキや、鈍く光る真鍮のドアノブ。

アーチ型の天井の廊下を歩いて、入り口にはめられたステンドグラスを見上げると、差し込む淡い日差しの中にキラキラと舞う光の粒子に目を奪われる。

これまでこの場所に存在したヒトやモノの残像が、無数のレイヤーとして見えてくるような錯覚に陥る。

時間の積み重なりだけが醸し出せる空間の手触りが、ここには確かにある。

hakozakicamp9

hakozakicamp11

古い物の魅力を知ると、街並みを歩くのが、ぐんと楽しくなるように思う。

今まで目に留まらなかったものが、どんどん視界に飛び込んでくるようになる。

世界を認識するのは自分だから、自分が変われば、世界は変わる。

当たり前だけれど、なかなか気づけなかったことを、教えてくれた場所だ。

見えていない風景は、きっともう、そこにある。

文章 倉内 由美子 (ナツメ書店) / 写真 小田雄大 (TAHITO)

    九州大学 箱崎キャンパス
    福岡県福岡市東区箱崎6丁目10
    Googlemap
    駐車場 : 有り
    web
YUMIKO KURAUCHI
YUMIKO KURAUCHI
Writer

宮崎県出身。北九州市在住。小倉魚町にある6坪の本屋「ナツメ書店」店主。 http://natumebooks.tumblr.com

関連スポット

jays5
コーヒー片手に過ごせる民芸品店
July 16, 2016
izva06
日本で唯一、ロシア式サウナがあるお店。ロシア料理 IZBA
June 12, 2016
todoroki01
美味しいお酒の入り口に。とどろき酒店 薬院stand!
April 27, 2016
LIFEINTHEGOODS05
心の奥にある風景を辿る 生活用品店LIFE IN THE GOODS.
April 16, 2016
rakusuienn09
都会のオアシス 楽水園
April 09, 2016
painstock01
毎日が特別だってことを思い出させてくれる場所。Painstock
March 12, 2016
artium07
アートのスタジアム 三菱地所アルティアム
February 23, 2016
tunnel013
元遊郭に泊まる TunneL
February 21, 2016
munakatataisya04
神々が宿る宗像大社
February 17, 2016