福岡県宗像市地島で楽しむ1泊2日のキャンプ。Make Camp×TRIP OFF



地島でしか味わえない贅沢な時間

 
12月初旬に、”自然と触れ合う”ということを軸に九州の各地でキャンプやイベントを行っている「Make Camp」のお二人と、

福岡県宗像市地島(じのしま)に「極寒キャンプ」に行ってきました。

1日目は快晴で最高気温19度という天気に恵まれ、午前中に「宗像市鐘崎漁港」から出発している「市営渡船」で出発。

地島には、泊 (とまり) 港と白浜 (しらはま) 港があり、頂上から見晴しが気持ちいい「倉瀬展望台」でお昼ご飯を食べようと白浜港へ向かいました。

白浜港までは大人料金片道400円で、渡船時間は15分程で到着です。
 
 

宗像市営渡船フェリーからの眺め。フェリーの中には席もあり、のんびりできます。photo:小野

 
到着後荷物を整理し、歓迎してくれたのは島にいる猫達。

猫達と遊んでいると島の人に「どこからきたの?」と声をかけられ会話が弾み、地島のやぶ椿からとれる特産品「椿油ご飯」を人数分もらいました。

地島にはタクシーやバスなどのサービスはないということもあり、白浜港から徒歩で「倉瀬展望台」へ。

心地よい島風を浴びながら展望台まで上っている途中、罠にひかかった野生のイノシシを見かけたり、木漏れ日が心地よい撮影場所を発見したりしてのんびり過ごしました。
 
 

木陰持参してきたギターで演奏したり、木のツルでリースを作ったり、撮影ポイントとしてもこの場所はお勧めです。photo:小野

 
港から徒歩40分で「倉瀬展望台」へ到着!
 
 

沖ノ島が見える展望台展望台からの眺めは宗像市や大島、曇一つないときは沖ノ島まで見れる見晴しのよい場所。photo:小野

 
展望台にあるベンチで、いただいた「椿油ご飯」と持参してきたサンドイッチでお昼ご飯。

食事も “どこ” で “誰” と食べるかで、おいしさが変わってくるなと実感しました。

展望台には望遠鏡がないので、携帯用の望遠鏡を持ってきてもいいかもしれません。
 
 

自然のハート展望台からはハート柄の模様が見えます。ここからの景色は圧巻です。photo:小野

 
木のツタで作ったリースに木の実など飾るものを探しながら、白浜港から歩いて今晩の寝床である泊港へ歩いて移動。

白浜港から泊港まで徒歩だと40分程かかるので、白浜港から泊港まではフェリーでの移動がお勧めです。
 
 

リース「リース作りのワークショップもおもしろいね」と話し合いながら、地島で見つけた素材でできた手作りのリース。

 
泊港に到着して、堤防で持参してきた釣り竿で釣り体験。

「釣りビギナーが訪れる。宗像市地島での島釣り体験」で書いたように、地島は釣りスポットとしても有名な場所の一つ。

とりあえず釣れるだろうと思っていたところ、釣りも人生もそんなに甘くないということで開始15分間は1匹も釣れず。

堤防付近ということもあり、風が冷たくこのままテントや晩ご飯の準備を始めようかと戻ろうと最後の1回投げると、

3匹同時に釣れました!諦めなければ、何かしら結果がついてくるというのは釣りも人生も同じなのでしょうか。

釣りを終えて宿泊場所に戻り、テントを立て、今晩の晩御飯作り。

食事は「Make Camp」の二人が作ったダッチオーブンを使ったパエリヤにチーズフォンデュ、アボガドディップと生ハムオープンサンド、サラダボール。
 
 

パエリヤどの料理も絶品で、波の音を聞き、持参してきたホットワインを飲みながら贅沢なひと時を過ごしました。

 
食事を終えると、事前に許可をとっていた場所で焚き火体験。

釣った魚を串で刺し、塩焼きにして食べたり、炎を眺めながら今日の出来事や将来のことなど語り合い、無事キャンプを終えました。

街灯も少ない真っ暗の中の焚き火体験は、不思議と普段語らないことも語り合いますね。
 
 

Make Camp「Make Camp」を主催している堤さんと畑山さん。

 
観光スポットは何もないのだけど、自分たち次第では地島でしかできない体験ができるのではないかと思い始めた今回のキャンプ。

「椿油ご飯」をくれた島の人やフェリーから沢山の荷物を降ろしていた僕たちに声をかけてくれて、荷物を車で運んでくれた地島小学校の校長先生など、

本当に島に暮らしている人の優しさを実感しました。

2016年1月中旬には、今回のキャンプの映像を発信予定です。

今後も、TRIP OFFではこのようなアウトドアなどの体験を共有できることをしていきたいと思っています。

文章/小野 義明(TAHITO) 写真/小田 雄大 (TAHITO)
    宗像市地島
    〒811-3511 福岡県宗像市地島
    Googlemap
    運行時刻表
ono yoshiaki
ono yoshiaki
Writer

web designer / engineer 大学在学中より、”体験した物語を伝える観光ガイドを作りたく起業し、TRIP OFFを運営しています。 今年の夏よりドローンによる空撮に挑戦。 http://tahito.jp http://onoyoshiaki.com

関連スポット

izva06
日本で唯一、ロシア式サウナがあるお店。ロシア料理 IZBA
June 12, 2016
PAYAN01
古き良き空間 PAYANPAYAN&Dii
May 28, 2016
08
解き放たれる。 今宿野外活動センター
May 25, 2016
wabi06
作り手の想いを届ける場所 ギャラリーわび
May 20, 2016
munakatataisya04
神々が宿る宗像大社
February 17, 2016
seiryugama01
感覚が研ぎ澄まされる地下世界へ
February 05, 2016
kiyomizudera
清水寺から望む雲海の神秘
January 01, 2016
007
親子三代で引き継がれる器のバトン
December 05, 2015
jinoshima_turi3
釣りビギナーが訪れる。宗像市地島での島釣り体験
November 23, 2015